2月25日ごろ

◆プロフィールに「ヲタどもに100の質問」追加。

ネットしてたら見つけたので答えてみました。
(追記・誤って削除してしまったので現在は見られません)
こうした「〜に質問」て、ネット上にたくさんありますよね。
おもしろそうな質問を見ると、コピペして答えてたのですが、
なぜかいつも途中で詰まってしまい、
いったん保存したきり終わっていました。
でもこの質問は最後までいけたので、記念に?アップしておきます。
質問が、自分の考え、内面を直接訊くものじゃないから
やりやすかったのかなー。
だとしたらやっぱり私もヲタです(笑)
回答は、好きな漫画やテレビ、古い記憶、
お仕事した作品、自作、なんとなく連想した等バラバラ。
答えが空欄な質問は、ぱっと思いつかなかったものです。
配布しているサイトさんはこちらです。

ところでこの作業をしているとき、
いきなりキーボードが無反応になって焦りました。
マウスは大丈夫だったので再起動したら直りましたが、
このキーボードがダメになったらすごく痛い。
これまで、パソコンは、本体はじめ周辺機器も
何度か買い換えてきましたが、キーボードだけは
約10年前に買った最初のパソコンの付属品をまだ使ってます。
古すぎて、Windowsマークのボタンがない。
しかし、タッチの感触といい音といい、これ以上に
気に入った物とはいまだに巡りあってません。
書き手にとっては大事な仕事の道具ですから、
自分に合う物なら、値段は惜しまないつもりで

売り場を歩くのですが、いまのキーボードって、なんで
「ぼこぼこ」って感触の物ばかりなんでしょう。
漫画でもキーを叩く擬音は「カチャカチャ」なのに。
カチャカチャが好きだっ。
マウスもボールのほうが好きだ〜光学マウスはなんか嫌。

前回の日記を読み返してみたら、表現に失敗してたので
ちょっと補足。
評価っぽいのは恥ずかしくて書けない、というのは
私レベルの読書量で、しかも原稿の息抜きでやるなど

お恥ずかしくて、という意味で、ブログで書評など

書かれてる方に含むところはありません。
みなさん凄いな〜と思いながら時々拝見しています。

 




2月15日

◆お仕事情報に「ゼロヨンイチナナ」のご案内。

 2004年分の日記を過去の日記へ移動。

あけましておめでとうございます。
遅すぎる。
毎度毎度、仕事が忙しくなるとなかなか更新もできず、
ゲストブックのメッセージも、励みにさせていただきつつも
お返事もできず、書き込みをしてくださった方には、
本当に、申し訳なく思っています。
忙しくてサイト放置→ちょっと時間できると何度か更新→また放置
→時間できたからちょっと更新→忙しくて、と、いやなスパイラルで
困ったものです。
ブログとかだと気軽に更新できそうだし、私もやってみたいなと
思ったりもするのですが、とかなんとか打ち合わせ中にH様に言ったら
「そんな余裕があったら原稿やりましょうよ」
まったくです。私も修羅場でたいがい面変わりしてるぞと思いながら
打ち合わせ場所へ行ったのですが、H様は私以上に面変わりして
目が真っ赤でした……すみません……

けどその、そういったリアルな理由は抜きにしても、
私のブログじゃそんなに面白くないから続かないだろうなー。
日々の生活といえば、起きて仕事して食べて仕事して家事とかして
食べてネットして電話してテレビとか見てお風呂入ってまた仕事して
寝る。という基本に、週に一度くらい少し遠出して、買い物したり
映画見たり友達と会ったりが加わる、たいへん地味でありきたりな
毎日です。人様に披露して楽しんでいただけるような要素はなし。
読んだ本やら見た映画の感想にしても、
「おもしろかった〜」程度しか言えそうもなく……

「ここはいいけどあれはダメ」みたいな評価っぽいのは

恥ずかしくって書けません。というか、映画はともかく、

本やゲームは、ハマれなければ途中で止めてそのまんまなので、

その後はすごくおもしろいかもしれないから何も言えない(笑)

去年だったか、私はなっち主演の「子犬のワルツ」という
ドラマがとっても好きで、毎週ゾクゾクしながら脳天やられて
感動しまくり、これはきっとヒットするな!と思ったら
視聴率は悪かったそうで、びっくりしてりえにそう言ったら
「私もアレは好きだけど視聴率良いとは思えないよ」と
冷静に言われてまたびっくりでした。
そんな見る目節穴かもしれない私が、
今期のドラマで楽しんでいるのは、断然「富豪刑事」です。
大好きな筒井康隆先生の原作はもうずっと以前に読んでいるし、
深田恭子ちゃんはとても可愛いし、
ちょっとあの布引刑事おいしくないですか?
やっぱケレン味のある世界はいいな。





過去の日記へ